ウズベキスタン

Uzbekistan

ウズベキスタン最新情報  2021年5月10日付

  • ここ数か月ウズベキスタンのコロナ状況は落ち着いています。レストランや博物館、他の施設などはマスク着用を条件に稼働しています。国民に対するワクチン供給は2021年8月までに全国民の60%までを目指すとしています。.


  • 国内列車の運行本数は元に戻りつつあります。タシケントーナマンガンーアンディジャン間、アンディジャンーヌクスーアンディジャン間、テルメズーヒヴァーテルメズ間、またフェルガナ盆地の郊外列車などが稼働しています。


  • 新しい国内線は、サマルカンドーフェルガナ間、サマルカンドーウルゲンチ間、サマルカンドーナマンガン間が稼働しています。

  • 2021年3月28日よりターキッシュエアラインのサマルカンド線を、またウズベキスタン航空のタシケントードゥシャンベ、タシケントーアルマトイ線が復活しました。また4月3日よりフェルガナーイスタンブール、ウルゲンチーイスタンブールも運行しています。

  • 2021年4月15日、ウズベキスタン航空局はターキッシュエアラインに対してイスタンブールーウルゲンチ間、イスタンブールーフェルガナ間のデイリー運行を許可しましたが、まだスケジュールは確定していません。(5月末の予定)

  • 2021年2月23日より、フランクフルトータシケント間のフライトが復活しています。

  • 2021年5月9日より、ウズベキスタン航空はタシケントーソウル間のフライトも運行しています。


  • 現在ウズベキスタンでの外国人旅行者の数は少ないですが、個人旅行客中心に稼働しています。



 =ウズベキスタン入国に必要なもの=

  • フライト出発時間72時間以内に発行されたPCR陰性証明書。

  • コロナをカバーできる旅行保険


 =ウズベキスタン出国にに必要なもの=

  • ウズベキスタン出発24時間発行されたPCR陰性証明書(タシケント又は他の都市にて)費用は25ドル